千葉のクロス・壁紙・内装はおまかせ

壁紙、クロスイメージ画像

はじめまして、せきねです。

 当サイトへアクセスいただき有難うございます。CS関根インテリア(シーエスせきねインテリア)の関根と申します。

 CS関根インテリア(シーエスせきねインテリア)は、千葉県を中心に、ご自宅のクロスの張替え、新築時の内装工事、マンションの入退去時の内装のリフォームなどの業務を主に行っております。

 私のモットーは誠実であることです。それは必ず仕上がりに現れます。そしてその仕上がりの違いは時間が経つほどにはっきりとしてきます。私や、私の信頼するプロの職人達はそんな1年後2年後の状態を意識しての施工を徹底しています。

 お見積もりは無料ですのでお気軽にお問い合わせください。


カビ対策には自信があります。

 CS関根インテリア(シーエスせきねインテリア)にお客様から寄せられる相談で一番多いのがカビです。夏場の湿気の多い時期はもちろん、冬場でも暖房で温まった部屋と冷たい外気の境目に結露が発生し、そこがカビの温床となります。特に、密閉率の高いマンションなどではその傾向は顕著なようです。

 壁紙に黒っぽい染みがある場合はカビの可能性が高いと思われます。それほどの大きさでなければ重ね張りで様子を見るのもいいかと思いますが、それはあくまで一時しのぎです。カビの繁殖は続いている状態です。

 カビを元から絶つには壁紙の張替え、壁紙の土台となる石膏ボードの交換も必要な場合が多いようです。カビの範囲が小さいうちに元を断つことが重要です。心配な方はぜひ一度ご相談いただければと思います。


シックハウス対策はじめました。

 近年多いご相談ではシックハウスに関することがあります。症状としては皮膚・粘膜の刺激症状と乾燥症状、頭痛、倦怠感、アレルギー症状などが頻繁に起こるというものです。

 原因はダニやハウスダストなどの粒状物質、物質の燃焼ガス等のガス成分があげられますが、最も大きな原因は合板や内装材から発生するホルムアルデヒドなどの揮発性有機化合物です。また、それらが外へ流れない密閉率の高い建築構造も大きな原因だといえます。

 対策としては、換気を十分にし、原因物質を取り除くことしかないようです。そこで、CS関根インテリア(シーエスせきねインテリア)では改正建築基準法に基づいた揮発性の低い商品をお薦めしております。

 このような事態を受け、CS関根インテリア(シーエスせきねインテリア)ではホルムアルデヒドの検査もおこなっていますので、上記症状でお困りの方はご用命ください。尚、検査には部屋を密閉した状態で5時間空けていただく(人の出入りのない状態)必要があります。

ページトップへ

メニュー
  • メニュー サービスのご案内へ
  • メニュー 商品のご案内へ
  • 施工事例
  • 会社概要
  • メニュー お問い合わせへ
  • メニュー プライバシーポリシーへ
  • メニュー リンクへ